オートロック付き物件について

マンション等の賃貸物件においてオートロック付き物件というと、エントランス等の共用玄関部分や各戸のドアに自動で鍵が掛かるシステムが付いているタイプがあります。共用玄関に鍵が付いているタイプでは、来訪者がインターホンを利用して、部屋の住人に鍵を解除してドアを開けてもらう流れになります。もし、来訪者が見知らぬ人や怪しい人、面倒な営業マンであれば、この時点で断ることや、居留守を使うことも出来るので便利です。また、扉や棟内には監視カメラが設置されている場合が多いため、何かあっても犯行の記録が残りますし、そもそも犯行者が嫌がるため、狙われにくい傾向があります。

自分がマンションに入る時には、暗証番号を入力して鍵を開けたり、カードキーなどを使用して鍵を開ける必要があります。また、家賃や共益費、管理費は、防犯システムがない物件よりも割高になります。

ただし、お金以上の安心感があるため、慣れないひとり暮らしなどの不安がある方は、防犯システムがある物件の方が良いでしょう。